日経エレクトロニクス 2001/11/05号

What’s New
「システムLSIは設計で勝つ」 NECがC言語を全面導入
LSI設計期間を1/3に短縮

 「米IBM Corp.が最先端プロセス技術,東芝が斜め45度配線なら我々はC言語ベースのシステム・レベル設計手法で勝負だ」———。 DRAM事業撤退,化合物半導体事業の分社化を次々と推し進め,システムLSIに注力する姿勢を鮮明化させたNEC。今回打ち出したのが,システム・レベルの設計能力を高めることで,システムLSI開発期間の大幅な短縮を強みとする戦術だ。(33〜34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3311文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
米IBM社
NEC
東芝
update:18/08/02