日経エレクトロニクス 2001/11/05号

Selected Shorts
携帯電話「負け組」,業績悪化が底打つ

 IT不況の影響をもろに受けて業績を悪化させていた企業の中には,復活への予兆を感じさせる決算を発表したメーカーもあった。過剰な在庫に苦しんでいた携帯電話機メーカーのスウェーデンEricsson社や米Motorola社の業績が上向き始めている。いまだに利益を計上できていないが,赤字幅が縮小し始めた。過剰な在庫がなくなれば,携帯電話機の需要が再び上向く可能性は小さくない。(47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:335文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > 携帯電話機
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > 携帯電話機
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > 携帯電話機
【記事に登場する企業】
スウェーデン・エリクソン社
米モトローラ社
update:18/08/02