日経ビジネス 2001/11/12号

新製品トレンド リポート
浴室内での事故を知らせる高性能センサー 入浴中の突然死に待った!

 寒い冬は温かい湯船につかってリラックスしたい季節。ところが、そんな入浴時が高齢者にとって危険な時間帯となる恐れがある。急激な温度変化による事故だ。 国民生活センターは1998年、11月から3月の寒い時期に高齢者の入浴中の突然死が増えていると注意を促す報告書を発表した。 温かい浴槽にゆったりとつかる入浴スタイルは、シャワーと違い、激しい血圧変動を起こしやすい。(150〜151ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1807文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
国民生活センター
三洋電機
日本信号
ノーリツ
update:19/09/24