日経ビジネス 2001/11/12号

緊急連載 世界震撼 リポート
マネーロンダリング対策を進めよ マーク・ピエト氏[バーゼル大学教授]
遅れる日本、テロ撲滅へ世界的な統一基準不可欠 マーク・ピエト氏[バーゼル大学教授]

 マネーロンダリング(資金洗浄)が注目されるようになったのは1980年頃ですが、米同時テロの起きた9月11日以降は、その性質が大きく変わりました。 以前から問題とされていたのは、脱税や麻薬売買などの違法な活動によって得た資金を浄化する手法でした。資金の源がグレーのものです。(164〜165ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3782文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
経済協力開発機構(OECD)
国際通貨基金(IMF)
米シティバンク
世界貿易機関(WTO)
update:19/09/24