日経ビジネス 2001/11/19号

特集 日産は本当に復活したか 第2章 V字改革に潜む懸念 提携
立役者の処遇が示す溝 真価問われる異文化融合

 鈴木裕(58歳)。日産が危機にあった時期に前社長・塙義一の下で企画担当取締役を務め、外資との提携実現へ奔走した。当初、鈴木はダイムラークライスラーを第1候補に考えていたが、相手がルノーに絞り込まれてからは、資本受け入れを土壇場でためらう塙ら首脳に最終決断を促した。提携後はルノーの執行役員に就任し、いわば日産代表駐在の任にあった。(47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1377文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
ダイムラー社
日産自動車
update:19/09/24