日経ビジネス 2001/11/19号

時流超流・トレンド
早まった朝日“解体”、次の再編の呼び水に 東京海上、依然明治にご執心

 生命保険会社と損害保険会社の融合という、新しい金融再編の動きとして注目された「ミレア保険グループ」構想に転機が訪れた。中核企業である東京海上火災保険と朝日生命保険は13日、朝日の新契約募集事業を2002年3月にも東京海上の生保子会社である東京海上あんしん生命保険に譲渡する方針と発表した。10日の新聞報道を受け、両社とも大急ぎで詳細を詰め公表した形だ。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3347文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
朝日生命保険
金融庁
米スタンダード・アンド・プアーズ社
東京海上あんしん生命保険
東京海上火災保険
日動火災海上保険
日本生命保険
三井生命保険
ミレア保険グループ
ミレアホールディングス
米ムーディーズ・インベスターズ・サービス社
明治生命保険
update:19/09/24