日経ビジネス 2001/11/19号

時流超流・トレンド
倒れて知る大賀氏の存在感 今のソニーに欠かせない「お目付け役」

 公式発表通り、軽症で済んだのなら、まさに不幸中の幸いと言うべきだろう。ソニーの大賀典雄・取締役会議長(71歳)が11月7日夜、北京市内で倒れ、軽いくも膜下出血の疑いあり、との診断を受けて緊急入院するアクシデントが起きた。 北京国際音楽祭のプログラムで、大賀氏自身が東京フィルハーモニー交響楽団の演奏を指揮していた最中の出来事である。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1816文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
大賀
ソニー
ソニー・ミュージックエンタテインメント
update:19/09/24