日経ビジネス 2001/11/19号

時流超流・トレンド In the Market
PBR1倍割れ企業相次ぐ 大M&A時代の条件整う

 東京株式市場に“異変”が起きている。東京証券取引所に上場する半数以上の企業で、時価総額が会社を解散した場合の価値を下回るという事態が生じているのだ。 企業評価の指標の1つに「PBR(株価純資産倍率)」がある。株価を1株当たりの株主資本(純資産)で割って算出する。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1486文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
西濃運輸
東京証券取引所
トヨタ自動車
野村証券金融研究所
マイカル
米リップルウッド・ホールディングス社
update:19/09/24