日経ビジネス 2001/11/19号

特集 日産は本当に復活したか
日産は本当に復活したか ゴーンを悩ます3つの不安

日産自動車をV字回復に導いたカルロス・ゴーン。そんな彼の前途に3つの不安が横たわる。第1に新車販売。低迷打開へ2002年から新車攻勢をかけるが、商品政策は過去の混乱を払拭しきれていない。第2に回復の牽引役だった購買費削減。大成果の裏側で部品メーカーは疲弊し、技術開発力が劣化する恐れもある。そしてルノーとの提携にもきしみが見え隠れする。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:333文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 新型・モデルチェンジ・販売体制
【記事に登場する企業】
日産自動車
update:19/09/24