日経ビジネス 2001/11/19号

特集 日産は本当に復活したか 第1章
カルロス・ゴーン日産自動車社長が語る次の課題、ライバル、そして後継者…

 「『ゴーンがコスト削減と資産売却が得意なのは分かった。今度は売り上げを伸ばすのを見てみたい』とよく言われる」。日産リバイバルプラン(NRP)進捗状況の説明、新型車の発表、東京モーターショー、仏ルノー首脳との会議…、多忙なスケジュールにもかかわらず、日産自動車社長のカルロス・ゴーンはいつものように精力的に、そして率直に日産の課題とその克服策を語り始めた。(32〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8759文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 新型・モデルチェンジ・販売体制
【記事に登場する企業】
アルティマ
トヨタ自動車
日産自動車
独BMW社
仏プジョー社
ホンダ
三菱自動車
UDトラックス
仏ルノー社
update:19/09/24