日経ビジネス 2001/11/19号

本 話題の書●パーソナル 怪文書
『怪文書』

 ある目的のために、不特定多数にばらまかれる怪文書。そごう、イトマン、東京佐川急便など、巨大な経済事件の周囲には、ライバルを追い落とすための誹謗中傷から、当局の捜査を攪乱するためのデマ、そして経営陣の暴挙を告発する内部からの悲痛な訴えまで、ありとあらゆる怪文書が飛び交う。また最近は、業績が悪化した企業でお粗末な内部事情を赤裸々に伝える怪文書も増えている。(82ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:394文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
update:19/09/24