日経ビジネス 2001/11/19号

第2特集 地方が死なないために
あなたの故郷まちは自立していますか? 入れ替わった光と影
入れ替わった光と影

 遠く釧路湿原を眺め、サケ・マスなど北洋漁業の中核基地としてその名を知られる。市内には国内最後の炭鉱である太平洋炭鉱があり、王子製紙や日本製紙などの紙パルプ工場が点在する。人口約20万を数える北海道第4の都市、釧路。その釧路で今、何が起きているのか。     釧 路       廃れゆく街 10月初旬、地元の金融関係者を震撼させる出来事が起きた。(144〜148ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5855文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
整理回収機構
地方自治体
中小企業金融公庫
日本銀行
北海道拓殖銀行
毎日新聞社
読売新聞社
update:19/09/24