日経ビジネス 2001/11/19号

ビジネス世論 パーソナル
携帯迷惑メール、対策は?
利用者の7割強「悩まされたことある」。アドレス変更も効果薄く

 回答総数は1000通強。その7割以上の自由記述欄が埋まっていた。大半が“怒りの経験談”である。 具体的な不都合としては、「不要なメール受信の通信料負担」(66.3%)、「文面や内容が不愉快」(64.6%)、「着信音や振動が煩わしい」(59.0%)、「受け取りたいメールが見つけにくい」(38.2%)が多かった。(157ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1036文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > 迷惑メール*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
update:19/09/24