日経ビジネス 2001/11/26号

時流超流・トレンド まだまだある理不尽な税金
2 石油関連税 25年も続く暫定措置 無駄な道路の財源に

 ほぼ同じ性能の3つの製品を販売する時に、1つは課税されるが、残りの2つはされないとしたら——。課税されない2品を使った脱税が生じることは想像に難くない。石油製品の課税で、まさしくこの問題が起きている。 原油の蒸留過程で抽出される軽油、灯油、A重油と呼ばれる3つの油のうち、軽油は地方税の軽油引取税がかかるが、灯油とA重油はかからない。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3062文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
公正取引委員会
自民党
石油連盟
update:19/09/24