日経ビジネス 2001/11/26号

時流超流・トレンド ニュースの死角
不良債権処理、機関投資家を育てよ 牧野  洋[日経ビジネス編集委員]

 日本は銀行の不良債権問題に対処するため、まるで社会主義経済への道を歩み始めたようだ。 銀行保有株式取得機構と整理回収機構(RCC)を見てみよう。前者は銀行の持ち合い株式、後者は銀行の不良債権を買い取る役割を担う。両者とも国の組織であるため、買い取り要請に気前よく応じれば、国が民間企業の主要株主・債権者になる。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1571文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
整理回収機構
米リップルウッド・ホールディングス社
update:19/09/24