日経ビジネス 2001/11/26号

特集 恐慌 正面突破 第1部 第一の提言
恐慌に備えろ、そして勝て サウジ危うし、世界戦争の恐怖
第一の提言

 テロ組織アルカイダは倒れていない。世界経済の命運を、米連邦準備理事会(FRB)議長アラン・グリーンスパンではなく、テロリストが手中にした現状に何らの変化もない。それなら真っ先に耳を傾けるべきは、例えばパキスタン・イスラマバードのホテルに投宿中のリチャード・フィスクが何を言っているかである。(32〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5006文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
英ケンブリッジ大学
国際決済銀行
財務省
米テキサス大学
米国政府
米連邦準備理事会(FRB)
米メリルリンチ社
update:19/09/24