日経ビジネス 2001/11/26号

特集 恐慌 正面突破 第1部 第二の提言
米資本流入の「真空」を回避せよ 日本マネーはドルの最後の買い手か?
第二の提言

 「いよいよ米国のファイナンスを最後に支えるのが日本という構図が鮮明になってきたんですね」——。 こう言って、国際証券執行役員の水野和夫はおもむろに1枚の図表(右中、米欧間の株式投資の推移を示すグラフ)を取り出した。(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1887文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
伊藤忠商事
米ウォール・ストリート・ジャーナル社
財務省
米財務省
米商務省
update:19/09/24