日経ビジネス 2001/11/26号

勝者の経営術 経営
不透明時代を乗り切る「意思決定手法」 時には先送りも英断に

 「定量分析で経済的な損失を生むという結果が出た場合は、外部の提携を含めて開発しない」 世界最大級の製薬会社、米メルクのベン・シャピロ上級副社長は、先行きを読みにくい医薬品開発でリスクを軽減するために、定量分析の判断を意思決定に活用していることを明かす。 「生きている間に、このような会社にしたい」 武田薬品工業の武田國男社長をはじめ、多くの製薬会社が…(54〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6250文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
NTT
協和発酵キリン
武田薬品工業
米デューク大学
日本製鉄(旧・新日鉄住金)
米ファイザー社
ボストン・コンサルティング・グループ
丸紅
米メルク社
米モニターグループ社
update:19/09/24