日経ビジネス 2001/11/26号

ケーススタディー 経営
IBM 苦境期の種まき実る

 少し前までは、米IBMに対する関心はこんな程度だった。ハイテク産業の中心は専ら米国の西海岸、シリコンバレーへ移ったと思われていたからだ。しかし、かのネットバブルが弾けてみれば、コンピューター産業でIBMが独り勝ちの状況になっている。(64〜68ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7938文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
米IBM社
インテル
米インテル社
米AMD社
米サン・マイクロシステムズ社
米トランスメタ社
日本IBM
米ヒューレット・パッカード社
米マイクロソフト社
米メリルリンチ社
モリス
update:19/09/24