日経ビジネス 2001/11/26号

本 話題の書●パーソナル 良心論
『良心論』

 良心の呵責、良心の警告——。この本は、私たちが普段意識せずに使っている「良心」という言葉の持つ意味を哲学的に考察したものだ。 ヨーロッパ語の原義では、良心とは「ともに知る」こと。さらにそれは誰とともに知るか、世間か、神か、自己自身かの3つに分けられるという。 著者は、自己自身とともに知る良心こそが大切だと主張する。(90ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:396文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
update:19/09/24