日経ビジネス 2001/11/26号

第2特集 第1回IRサイトランキング
1位NTT、ソニーは4位

 株価の低迷が企業を直撃している。金融機関との株式の持ち合い解消が進み、企業にとって株式を保有してくれる個人株主を増やすことは至上命題になりつつある。 だが、個人投資家は企業の事業内容や業績推移を知らぬまま株式購入を決断できるはずもない。企業名や商品名をよく知っていても、社長の名前や業績推移をすぐ思い浮かべられる企業は少ないだろう。(154〜155ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1457文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
【記事に登場する企業】
NTT
オプテックス
ソニー
大和証券
日立製作所
米証券取引委員会
大和証券グループ本社
update:19/09/24