日経ビジネス 2001/11/26号

一刀論断 コラム
公庫下回る住宅ローン金利 「民間は無理」の主張はウソ 真壁  實[城南信用金庫会長]

 今年8月のこと。日曜日の民放テレビで「手順を前倒ししても20年かかる」という発言を聞いて、私は唖然とした。住宅金融公庫の民営化についての扇千景・国土交通相の言葉である。 今や日本は、明治維新、そして56年前の敗戦に続く「第3の改革」「新世紀維新」とも言うべき抜本的な構造改革を断行することが不可欠な状況にある。(174ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1760文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
建設・不動産 > 不動産事業 > 購入資金(不動産売買)
【記事に登場する企業】
金融庁
国土交通省
財務省
住宅金融支援機構
城南信用金庫
総務省
update:19/09/24