日経ビジネス 2001/12/03号

時流超流・トレンド
ゴーン+デル=王国復活? NECのパソコン改革、モデルは最強だが…

 カルロス・ゴーン氏が日産自動車でやれたことが、我々にできないはずはない——。NECのパソコン部門が大規模な事業構造改革に乗り出す。今年10月1日時点で約3000社あった部品の仕入れ先を、2002年3月末までの半年間で半数に集約する。1社当たりの調達量を増やすことで部品コストを年間15%削減するほか、在庫日数を8〜9日と現在の半分の水準まで圧縮する。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1602文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
NEC
デル
日産自動車
update:19/09/24