日経ビジネス 2001/12/03号

特集 暴走する不良債権 第4章
市場機能の一時停止やむなし 臨時措置5年、本誌が問う抜本解決への「不良債権一掃プラン」

 9月25日のワシントン、そして10月20日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)開催地、上海。米国の同時多発テロ発生後に開かれた都合2回の日米首脳会談でブッシュ米大統領は、いずれも「日本の不良債権の処理」に言及した。「日本経済に対する米国の懸念がそれだけ強かった」と受け取るのが自然だろう。 だが、実はこんな説がある。(42〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3463文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
アジア太平洋経済協力会議
金融庁
米KMV社
整理回収機構
日本銀行
預金保険機構
update:19/09/24