日経ビジネス 2001/12/03号

一刀論断 コラム
日本の中国恐怖症は異常 自己変革の決意あるのか ジェフリー・シェーファー(ソロモン・スミスバーニー・インターナショナル副会長)

 以前からたびたび日本を訪れているが、最近は日本の中国恐怖症の根強さに驚かされている。それは、1970年代、80年代にあった米国の日本脅威論を思い起こさせる。当時、米国人の多くは、躍動する日本がすべての産業分野で米国に対し比較優位を奪ったと信じ込み、保護主義に走った。しかし、今では誰もがこの日本脅威論は間違いであったことを認めている。(158ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1781文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
世界貿易機関(WTO)
米国政府
update:19/09/24