日経ビジネス 2001/12/10号 別冊

第1回東京国際自動車会議報告 巨人たちの競宴 勝つのは誰だ 第2部 ゼネラル・モーターズ/スズキ/富
GM、資本力で推し進めた提携戦略
ゼネラル・モーターズ スズキ 富士重工業

 いすゞ自動車、スズキ、富士重工業。日本のこの3社に対する資本参加に加え、トヨタ自動車やホンダといった競合企業とも技術面で親密な提携関係にある会社が、世界最大の自動車メーカー、米ゼネラル・モーターズ(GM)だ。スズキとの共同開発車を発売 いすゞとは1971年から、スズキとは81年から資本関係があった。(72〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4532文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
いすゞ自動車
エクソンモービル
独オペル社
スウェーデン・サーブ社
スズキ
米ゼネラルモーターズ社
韓国・大宇自動車
ダイハツ工業
ダイムラー社
トヨタ自動車
日産自動車
伊フィアットオート社
米フォード・モーター社
SUBARU(旧:富士重工業)
ホンダ
独ポルシェ社
マツダ
三菱自動車
update:19/09/24