日経ビジネス 2001/12/10号 別冊

第1回東京国際自動車会議報告 巨人たちの競宴 勝つのは誰だ 第1部
リサイクル リサイクル社会で求められる 自動車メーカーの責任

 クルマはそのままでは依然、公害の元である。排ガスとともに、廃車問題にケリがついていないからだ。日本は現在、自動車リサイクル法制定に向けた議論の真っただ中にある。自動車から出る廃棄物による環境破壊や最終埋め立て処分場不足などが深刻化しており、自動車業界では車の回収、解体、廃棄までをにらんだ統合戦略が急務になってきた。(44〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4919文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
【記事に登場する企業】
欧州連合(EU)
日産自動車
独BMW社
BMWグループ
仏ルノー社
update:19/09/24