日経ビジネス 2001/12/10号 別冊

第1回東京国際自動車会議報告 巨人たちの競宴 勝つのは誰だ 第1部
総括対論 環境規制、市場変化への対応力が勝ち残りのカギ

 自動車産業は果たして21世紀も成長産業であり続けられるのか。2日間にわたる会議の成果を、米国を代表する自動車評論家のマリアン・ケラー女史と、ホンダ元副社長でセガの社長も務めた入交昭一郎氏に総括してもらった。世界的な高まりが予想される環境規制への対応力と市場変化への対応力。(50〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3043文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
セガゲームス
韓国・ヒュンダイ・モーター社
フライシュマンヒラードジャパン
ホンダ
update:19/09/24