日経ビジネス 2001/12/10号 別冊

第1回東京国際自動車会議報告 巨人たちの競宴 勝つのは誰だ 第2部 ダイムラークライスラー/三菱自動
クライスラー、三菱は復活できるか
ダイムラークライスラー 三菱自動車 現代自動車

 1998年5月に発表された独ダイムラー・ベンツと米クライスラーの合併は、当初は順調だった。99年までは資材共同購入の効果などで増収増益を維持した。 しかし、徐々に両経営陣の確執が伝わるようになり、ロバート・イートン元共同会長をはじめとする多くの旧クライスラー首脳が会社を去った。(76〜78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4257文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
【記事に登場する企業】
韓国・起亜自動車
ダイムラー社
韓国・ヒュンダイ・モーター社
ホンダ
三菱自動車
update:19/09/24