日経ビジネス 2001/12/10号

勝者の経営術 経営
頭脳の最大活用でナレッジ型企業になる 使える知恵の“輪”作り アクセンチュア、野村総研などに学ぶ
【知的資本マネジメント】

 1980年代以降、世界の賢人たちは、工業製品を大量生産することで成り立っていた産業構造が、知識によって付加価値を生み出す社会へと変貌していくと指摘し始めた。未来学者のアルビン・トフラー氏はこの知識社会の到来を、農業社会と産業革命期以後の工業化社会に続く「第3の波」と呼び、「頭脳労働者が知識を高度に凝縮することで新しい商品やサービスが生まれ、それぞれの技術革新が…(48〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6373文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
アクセンチュア
ソニー
日本総合研究所
野村総合研究所
ボストン・コンサルティング・グループ
update:19/09/24