日経ビジネス 2001/12/17号

一刀論断 コラム
日本の競馬は経済と同じ 既得権がすべてを腐らせる 関口  房朗[ベンチャーセーフネット会長、メイテック創業者]

 競馬界に競争を持ち込めという意見を述べたい。まじめな読者からは「この危機の時代に何を呑気な」とお叱りを受けるかもしれないが、こんな時代だからこそ、聞いてもらいたいのだ。 不況に強いと言われた公営ギャンブルだが、日本中央競馬会(JRA)は1998年以降深刻な売り上げ減少に見舞われ、赤字転落の瀬戸際に立っている。地方競馬は完全に赤字体質が定着してしまった。(166ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1748文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
日本中央競馬会
メイテック
update:19/09/24