日経コンピュータ 2001/12/17号

フォーカス
奮闘する若手開発者たち
壁を乗り越え業務改革やシステム開発にまい進

20代や30代前半の若手社員が中心的な役割を果たし,システム開発を成功に導く。こうした“元気”なプロジェクトを最近完了した企業に,川崎重工,NTTソフト,ケンウッド,AFLACアフラックがある。各社の若手社員はそれぞれ,BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング),情報共有の仕組み作り,ネットワーク刷新,顧客向けのWebサイト構築などに挑戦。(42〜48ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9227文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
【記事に登場する企業】
アメリカンファミリー生命保険
NTTソフトウェア
川崎重工業
ケンウッド
ケンウッド・システムズ
東洋ビジネスエンジニアリング
update:18/08/02