日経エレクトロニクス 2001/12/17号

Selected Shorts
ネットワークに著作権法の網

普及に伴い著作権侵害の温床としての側面を強めつつあるインターネット。ここにきて,そのインターネットに法の網が掛けられようとしている。国内では違法なファイル交換が摘発され,米国では著作権保護技術を回避する技術の公開を違法とする判決が続いた。米国ではファイル交換の代替を狙うサービスも始まった。これに対し,「著作権保護の暴走」「言論の弾圧」とする声も上がる。(42ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:259文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 著作権管理・違法コピー防止*
update:19/09/26