日経エレクトロニクス 2001/12/17号

Leading Trends
ソフトの覇者が3Gを制する
本番迎えた第3世代移動体通信

 今後数年をかけて,一般に「3Gスリージー」と呼ばれる,新しい移動体通信インフラが国内外で導入される。国内では,NTTドコモの「FOMAフォーマ」が皮切りとなり,KDDIとJ—フォンは2001年末から2002年にかけてFOMA対抗サービスとなる高速通信サービスを始める。さらに,2002年以降は欧州勢が続く予定だ。(55〜66ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:17740文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
KDDI
update:19/09/26