日経エレクトロニクス 2001/12/17号

NETs連載講座
限界が来たHDL設計 C言語/C++は救世主になり得るか
LSI設計(1)

 LSI設計手法が再び転換点に差し掛かっている。製造プロセスの微細化とそれに伴う回路規模の増大がその背景にある。いまやHDLベースの設計手法は,シミュレーションや検証にとって,明らかに障害になりつつある。10年前にHDLへ移行したときと同じように,今こそ,もう一度,抽象レベルの高い設計手法へジャンプ・アップするべきだ。(148〜154ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5664文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
米エレクトロニックデザイン社
update:19/09/26