日経トップリーダー 2002/01/01号

ニュース
株換金に買収ファンドを活用 事業承継対策でも注目集め、問題点も明らかに

 ベンチャー企業経営者の間で、株式を上場する前に、持ち株を企業買収ファンドに売却する動きが広がっている。自らの株式資産を早く現金化し、上場に向けた社内管理体制の強化などを投資会社の手に委ねることが主な狙いだ。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1220文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
【記事に登場する企業】
アドバンテッジパートナーズ
MKSパートナーズ
ドイツ銀キャピタルパートナーズ
ファイテック
ユニゾン・キャピタル
update:18/08/02