日経ビジネス 2001/12/24号

時流超流・トレンド 深層
不動産某社、小売り某社…近づくその日 信用リスクに凍える冬

 古今企業が倒れるのは、債務不履行(デフォルト)になった時だ。そうなる懸念を信用リスクと呼ぶ。だが国内の環境で信用リスクを把握するのは実のところ難しい。上場大企業ともなると、銀行との関係や政治的考慮が絡み、余分な思惑が働くからだ。 外の目はそこを冷徹に見る。企業の信用リスクが日本村の外でどう見られているか。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3521文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
米KMV社
スミセイグローバル投信
東京三菱銀行
日興アセットマネジメント
日本投信委託
野村アセットマネジメント
UFJパートナーズ投信
update:19/09/24