日経ビジネス 2001/12/24号

時流超流・トレンド
数の子、ますます高嶺の花に

 おせち料理に欠かせない数の子だが、2003年の正月からは少し値上がりするかもしれない。 現在、食卓を賑わす数の子のほとんどは日本国外から輸入している。その主な産地は、カナダ、米国などの北米と、北大西洋や北海の欧州である。これらの地域で捕れたニシンの卵を数の子として賞味しているわけだ。 問題は、欧州で広範囲な漁獲量の制限が本格化しようとしていることだ。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:914文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
欧州連合(EU)
update:19/09/24