日経ビジネス 2001/12/24号

時流超流・トレンド
シリコンバレーモデル死なず 米ネットスクリーン、不況下の上場でも高値の理由

 12月12日、米店頭株式市場(ナスダック)に株式を新規上場したネットワークのセキュリティー機器メーカー、ネットスクリーン・テクノロジーズ(カリフォルニア州)が注目を集めている。初日終値は公募価格を約5割上回る23ドル72セント。16億ドル(約2000億円)の株式時価総額は、ナスダックに今年上場した情報技術(IT)銘柄の中で最大である。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1567文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
住友商事
米セコイア・キャピタル社
米ネットスクリーン・テクノロジーズ社
update:19/09/24