日経ビジネス 2002/01/14号

In the Market 拡大版 100円割れ企業173社ランキング
AV機器 のたれ死にか一発逆転か
クラリオン、ケンウッド…先行き見えぬ泥沼に

 かつては自動車メーカーとともに、世界中にその名をとどろかせた日本のAV(音響・映像)機器メーカー。しかし、デジタル化の大波と安価な中国製品の洪水に挟まれ、先の見えない泥沼の低迷に陥っている。「世界的ブランド」を誇った業界は、今や日本を代表する構造不況業種となった。 2001年には、まず東南アジアシフトを進めすぎたアイワが実質的に破綻。(121ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1782文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
パソコン・デジタルギア > デジタルメディアプレーヤ > その他(デジタルメディアプレーヤ)*
【記事に登場する企業】
クラリオン
ケンウッド
update:19/09/24