日経ビジネス 2002/01/14号

一刀論断 シリーズ教育2 コラム
日本の大学には顔がない 世界的研究へ資金集中を 佐々木  元[NEC会長]
シリーズ教育 2

 仕事上、米国の学会に出席したり、シリコンバレーのベンチャー企業と交流する機会が多いが、そこで米国の活力とともに実感するのは「学の役割の日米格差」だ。とりわけ産学間の意思疎通が少ない現状を変えることが急務である。 日本の出生率は1.3まで下がり、今後は国民一人ひとりが一騎当千の働きをしなければならない。(130ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1768文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
NEC
update:19/09/24