日経ビジネス 2002/01/14号

短期連載 スポーツ&ビジネス 第1回プロ野球編●リ 松井が大リーグに行く日
マリナーズ大儲けの理由
地元密着、客と市場を大事にする大リーグ

 2001年のシアトル・マリナーズは2つの意味で偉業を達成した。1つは、言うまでもなく大リーグのシーズン最多勝記録に並ぶ116の勝利数だ。もう1つの方は、見方によっては、最多勝記録よりも評価されるべきかもしれない。野球不毛の地と言われたシアトルで経営的成功を収めたことである。最終利益はヤンキース抜き1位 マリナーズの2001年の売上高は2億243万ドル。(48〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3075文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > スポーツ
【記事に登場する企業】
シアトル・マリナーズ
update:19/09/24