日経インターネットソリューション 2002/02号

レポート セキュリティ監視サービスに新手が登場
三井物産は任意のIDSを対象に ベリマトリックスは社内ネット監視
セキュリティ監視サービスに新手が登場

国内で,ネットワーク・セキュリティの24時間監視サービスが2つ,新たに始まった。三井物産の「Hawk−1」とベリマトリックス・ジャパンの「DomainWatch」である。Hawk−1は,ユーザー側に設置された不正侵入検知システム(IDS)やファイアウォールを監視。どのベンダーの製品でも監視対象になる点が特徴だ。一方,DomainWatchは,社内からの機密漏えい防止に特化した監視サービス。(16〜17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2777文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
【記事に登場する企業】
ベリマトリックス・ジャパン
三井物産
update:19/09/25