日経インターネットソリューション 2002/02号

レポート MSPがパッチ適用の代行サービスを開始
ニムダなどを機に提供相次ぐ サービス対象のOSなどは限定
MSPがパッチ適用の代行サービスを開始

EC(電子商取引)サイトを構成するOSやWebサーバーなどに対して,パッチ(修正ソフト)を代行して適用するサービスが相次いでいる。ECサイトの運用・管理を代行するMSP(マネージド・サービス・プロバイダ)サービスを提供しているNECやワールドコム・ジャパン,サイトロック,ネットベインなどが提供を開始している。(18〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3604文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > バグ・セキュリティホール
【記事に登場する企業】
NEC
サイトロック
ネットベイン
ワールドコム・ジャパン
update:19/09/25