日経インターネットソリューション 2002/02号

ニュース アプリ側でASCII文字列に変換する規則
日本語ドメイン名に大きな前進, 言語依存の部分を別途協議で合意
アプリ側でASCII文字列に変換する規則が固まる見通し

 登録開始から1年以上経過したのに,いまだ使える状況にない日本語ドメイン名——。それが,ようやく実用化が見えてきた。日本語をはじめ,世界中の言語でドメイン名を表記するのがIDN(国際化ドメイン名)。そのIDNを実現する技術が,2002年春にもIETF(インターネット・エンジニアリング・タスク・フォース)で標準化される見通しとなったからだ。(25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:931文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 通信プロトコル全般
【記事に登場する企業】
インターネット・エンジニアリング・タスク・フォース(IETF)
update:19/09/25