日経インターネットソリューション 2002/02号

特集1 第1部<ECサイトのデータベースを見直す データベースは宝の山
使い方次第で品揃えの見直しや マーケティングに威力を発揮
データベースは宝の山

顧客データと受注データを組み合わせて顧客のし好を予想したり,受注データから売れ筋商品を見極めて品揃えの変更やキャンペーン企画を立案する——。EC(電子商取引)サイトで収集したデータを活用しようと考える企業が増えている。ただし,マーケティングのために収集したデータを活用するには,データベースをきちんと設計しておくことが欠かせない。(30〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6999文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > サーバーアプリケーション > アプリケーションサーバー*
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
【記事に登場する企業】
エコス(IT)
パナソニック
マイトリップ・ネット
update:19/09/25