日経インターネットソリューション 2002/02号

注目のインターネット技術 Web3D
Webに3Dグラフィックスを付加 ネット経由でも軽快な表示を可能に
Web3D

Web3Dを利用するWebサイトが増えている。Web3Dとは,商品などをブラウザ上に3次元グラフィックスで表示し,マウスで回転させたり,拡大・縮小できるようにする技術。ここへきて,国内でも利用可能なWeb3D製品が多数登場し,それを用いてコンテンツを作成するWebサイトが増えてきた。(102〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4106文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > インターネット関連ソフト*
インターネットサービス > マルチメディア配信 > その他(マルチメディア配信)
update:19/09/25