日経ビジネス 2002/01/28号 別冊

eビジネス いざユビキタス時代へ COLUMN
合理的かつ安全なネットワーク環境をつくれ 徳田 英幸氏 慶応義塾大学教授

 ユビキタス社会を実現するための大切なツールとして、あらゆる機器にインターネット上の固定アドレスを持たせられる次世代インターネット・プロトコル「IPv6」チップが注目されている。パソコンやPDAだけでなく、車や各種家電など、私たちの身の回りにある機器のほとんどに搭載することで、家庭でもオフィスでも街中でも、途切れなく同じサービスが受けられる環境をつくれる。(23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:633文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > その他(インターネットサービス) > その他(インターネットサービス)
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 通信プロトコル全般
【記事に登場する企業】
慶應義塾大学(慶応義塾大学)
update:19/09/24