日経ビジネス 2002/01/28号 別冊

eビジネス いざユビキタス時代へ OPINION
IT後進国日本は地方主導で具体的な政策を 月尾 嘉男 東京大学教授

 日本は情報技術(IT)後進国だと政府も国民も理解すべきだ。スイスのビジネススクールIMDがまとめた「世界競争力年鑑2001」によれば、日本はコンピューターの普及率もインターネットの普及率も世界で19位。携帯電話は一見 iモードなどが進んでいるが、普及率では26位。電子政府の浸透度は17位、電子商取引では31位。世界の約50カ国を比較してその程度だ。日本は完全にITで出遅れた。(34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1627文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
インターネットサービス > その他(インターネットサービス) > その他(インターネットサービス)
情報システム > 電子政府 > その他(電子政府)
【記事に登場する企業】
東京大学
update:19/09/24