日経ビジネス 2002/01/28号

特集 ドキュメント 企業再建
ドキュメント 企業再建 誰が負け組を救ったか

ここ数年、企業の倒産件数が史上最高水準を続けている。小泉純一郎首相が進める構造改革で、さらに増勢を強めそうだ。しかし、その陰で倒産のどん底から密かに復活した企業がある。「牛丼店は時代遅れ」の声を一蹴し、原点回帰で甦った吉野家。徹底した業務の見直しで更生計画を7年前倒しした京セラミタ。開発部門のプライドを呼び覚ましてヒット商品を生んだレック。(26〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:455文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 ドキュメント 企業再建(26〜27ページ掲載)
ドキュメント 企業再建 誰が負け組を救ったか
特集 ドキュメント 企業再建 第1章(28〜29ページ掲載)
吉野家を救った2人の弁護士
特集 ドキュメント 企業再建 第1章(30〜31ページ掲載)
京セラミタ 「アメーバ経営」で おっとり社風刷新
特集 ドキュメント 企業再建 第1章(32〜33ページ掲載)
レック
特集 ドキュメント 企業再建 第2章(34〜37ページ掲載)
2つの倒産法、何のため? 今こそ公正で明確なルールの確立を
特集 ドキュメント 企業再建 第3章(38〜39ページ掲載)
倒産前に救いの神あり “売り”があれば私的整理も
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
update:19/09/24